INFORMATIONお知らせ

お知らせ

【プレスリリース】一般社団法人全国人材支援連合会「外国人雇用実態調査」報告

8月26日、弊社が大阪支部を務める一般社団法人全国人材支援連合会では、以下の内容でプレスリリース致しました事をご報告申し上げます。

 

「PR TIMES」プレスリリース

一般社団法人全国人材支援連合会(総本部:長野県佐久市)と一般財団法人JAPAN LEADING EDGE FOUNDATION(本部:東京千代田区)は、14業種で外国人雇用をした事のある従業員数15名以上の企業経営者を対象に「外国人雇用」に関する実態調査を実施致しました。

3月、日銀発表の全国企業短期経済観測調査によると、製造業の半数で人員が「過剰」から「不足」へ転じたことが明らかになりました。

(参考:日本銀行HP短観https://www.boj.or.jp/statistics/tk/yoshi/tk2103.htm/

休業や生産の減少に伴う人員調整や経営の悪化に伴い、特定技能14業種は特に、労働者の雇用が不安定になっていることが顕著に表れていると言われています。

それに伴い、14業種で外国人雇用をしたことのある従業員数15名以上企業の経営者を対象に、「外国人雇用」に関する実態調査を実施しました。

 

一般社団法人全国人材支援連合会「外国人雇用実態調査報告」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000080220.html

同内容は、すでに多くのメディアに転載されております。ご参照ください。

Asahiデジタル

東洋経済オンライン

産経ニュース

プレジデントオンライン

時事ドットコム

FNNプライムオンライン等